厚木県でルーフバルコニー

厚木県でルーフバルコニーが欲しくて注文住宅に

不動産売買は人生で最も高い買い物と言われますが、実際のところ、住まいにはそんなにこだわりを持たないという人もたくさんいらっしゃいます。もう既に出来ている住宅に注文をつけても仕方ないと思うのでしょうか。

ですが、例えば注文住宅では条件さえあえば自分の好みをかなりのところまで反映させることが出来ます。

転勤や学校の都合などで厚木県に引っ越すことになったなど、厚木県の細かい地域まで指定されるように場所は選べる自由が少なくても注文住宅をたてるのであれば、その他のことは選べるのですね。

人によってこれだけは譲れないという場所は変わってきますが、お風呂や台所の水周り、トイレは最新のものを、という方もいれば、書斎があればそれでいいとか、バルコニーを広めに取りたいという方もいらっしゃってまさしく千差万別。ルーフバルコニーを望まれるかたは最初はあまりいないのですが、ルーフバルコニーがいかに便利なスペースであるかを知れば検討にいれる方も増えます。

まず、ルーフバルコニーとはその名の通り、天井広場です。最上階に家と同じもしくはそれより小さめの広さのバルコニーを設置するわけです。

本来なら屋根がある場所にバルコニーを設置することで空間を広げ、多用なスペースとして活用します。洗濯物、布団などの大きなものを干す、ガーデニングをする、休日には家族や友人でバーベキューをしたりも出来る広い場所です。

厚木県は北でも南でもない地域で、晴れの日も年間を通して多く、公害もありませんから注文住宅を作る際には広いバルコニーを検討することも可能です。構造上、最上階に作ることが多いですが、注文住宅では設置場所も自由に選べるわけです。

2階にステップフロアーを作ってその上をルーフバルコニーにすることも出来ますし、リビングから直接出ることが出来るようにして憩いの場を更に広げるという考えもあります。注文住宅をお願いする場合に話合うのは設計士や建築士ですが、イメージがあるのであれば早いうちに伝えて下さい。豊富な知識でアドバイスなどもしてもらえます。

設計してイメージ画が出来上がるころにはどんな様子の住宅になるかがハッキリと判るようになりますので、それからでも自分の好みとちょっと違うなどを思うことがあれば口に出して話し合うことをお勧めします。最後まで、妥協はしない。

だけど物理的に無理なことは仕方ない、とにかく口に出して言ってみる、その姿勢で話し合いにのぞんでください。”