厚木の注文住宅

厚木の注文住宅の模型を造る

厚木の注文住宅の模型を製作してお客様に提示してみましょう。平面的な図面を立体化する事で、完成した時の注文住宅が出来上がるので、お客様はとても喜ぶ事でしょう。立体化する事で全体のイメージが分り、屋根の形状や窓の位置や大きさなど外部に面した部分の状態は全て分ります。

またスケールを大きくする事で部屋の間仕切りまで作って、屋根を取り外すと内部の感じが分る様にしておくと、お客様への説明や打ち合わせに役立ちます。また施工する側も矛盾点やバランスの悪い所は無いかなどチェツクがし易いので製作するメリットは大きいです。

模型製作については、余りにもスケールが小さいと製作がしにくく効果が薄れるので、五十分の一か三十分の一位では製作するようにしたら良いです。模型専門店にお願いすると、手っ取り早く綺麗にできますが、費用もそれなりにかかります。

手先の器用な人ならそう難しい事ではありません。厚木でのせっかくの注文住宅ですから、自分たちで製作する事に挑戦してみましょう。厚木の注文住宅の建物全体の感じが分かるだけでお客様は喜んでくれます。最も簡単に製作するには、専門店で模型専用のバルサ材を買ってくると良いです。

平板に立面図を切って張りつけ、それをカッターナイフで切って、木工用のボンドで張り合わせてゆくと、注文住宅が立体的に出来上がってきます。
これだけで十分に建物の外観や窓の位置や大きさ、そして屋根の形状などの全体が分るので、誰にでも注文住宅の完成した時の姿が理解できるでしょう。

もっと精巧な物に挑戦しようと思ったら、専門店に行くと住宅用の各キットを販売しているので、それらを買ってきて自分たちで補足したり改造しながら製作して行くのも良いでしょう。屋根の感じや外壁の感じなどもシールを張る事で、なお更実物に近くなり本物に近づいてきます。注文住宅のリアルさが出てきて、お客様に対するアピール度もかなり上がる事でしょう。

まだまだ精巧にリアルに製作するなら、敷地全体の大きさのベニヤなどの台紙に、門扉やカーポート等のエクステリアや、草花や樹木などを配置して造園までしてやると、これ以上の精巧で実感の湧くリアルな物は無く、会社に展示しておく事でお客様の注目を集め、これ以上のPRになる物はないでしょう。

模型を作る目的を明確にして、どの程度の精巧さまで要求するのか等を事前に決めておいて製作しましょう。製作する事でお客様にも施工する側にもメリットは大きいです。”