木造の注文住宅

厚木で木造の注文住宅を建てる

厚木は非常に気候が良い街が多く、また海にも近い都市が多いため、横浜、湘南をはじめとしておしゃれな街が多いことで有名です。その為、ここに住む人も、個性的でおしゃれな注文住宅に住む人が増えています。

特に湘南は海に近いため、サーフィンやヨットを趣味としている人も多く、そんな人はサーフィンやヨットがしやすいように専用の部屋を作ったりします。また、横浜市内では、車やバイクを収納し、またメンテナンスをして楽しむためのガレージを家の中に作り込んだりしています。

厚木の人は皆思い思いの趣味や実益を注文住宅の中に込めているのですが、注文住宅に住んでいる人は、皆そのような特殊な人たちばかりではありません。むしろ、一般の人でも、注文住宅を選ぶ人も増えているのが実情です。

注文住宅は、その設計から行うため費用としては一般の住宅に比較し割高で工期もかかりますが、実際に注文住宅に住んでみると、その住みやすさに驚く人が多いのです。自分の生活スタイルに合わせたオーダーメイドの住宅ですから、住みやすいのは当然ですが。

また、注文住宅と聞くと、一部のお金持ちの物と思っている人も多いと思いますが、決してそうではありません。

むしろ、一般の人が家を建てるときに、その選択肢の一つとして上がるほど、一般的なものになりつつあります。

注文住宅といっても、木造住宅の場合一般住宅とあまり費用が変わらない場合もあります。最近のツーバイフォー住宅のような、工場で製造した部品を現場で組み立てる工法とは異なり、一般的な木造住宅は現地で大工が作り上げる形に変わりはないので、思ったほど高額にならないことも多いのです。

さらに、木造の注文住宅の良さは、日本の気候風土に合っていることがあります。特に夏の暑さや冬の寒さ、雨風を受け流す強靭さは木造ならではの特徴であり、またその中で狭い日本の土地を有効利用するため、土地に合った自在の大きさや間取りで家を建てられる醍醐味もあります。

既成の間取りの住宅ではどうしても家の大きさが決定してしまうため、庭が広すぎたり、逆に狭すぎたりしてしまいます。また、必ずしも土地の方角が真南ではないため、その家の向きが日当たりのよい真南に向かなかったりといった問題が出て、家の中が寒い、日当たりが悪いといったことにもなりかねません。特に厚木は日当たりのよい場所が多いため、この差は生活に大きく影響してきます。

家は長い期間快適に住みたいものです。木造の注文住宅は、その価格と住みやすさを考えた場合、検討する価値のあるものだと考えます。”