リビングのこだわり

厚木の注文住宅の模型を造る

厚木で建てられている住宅の中には注文住宅として用意されているものがあります。不動産会社のホームページなどでも紹介されていることもありますが、住宅を購入することを希望されている方の中には、新規に注文住宅を建てることを望んでいる方も多くいます。

厚木での注文住宅の場合では、比較的温暖な気候を持っている地域になるために、雪の問題などをあまり気にすること無く、自由な設計を行うことが可能とされている傾向にあります。

そんな中、実際に厚木に存在している注文住宅や、新しく建築を行う住宅の場合でも、リビングにこだわりを持って建てることが多い傾向にあります。リビングに関しては一般的には家族の他にも、来客なども入ることの多い室内となるために、特に注文住宅の場合ではこだわりを持つこともおすすめになります。

リビングは玄関に次ぐ住宅の中でも大切な部分とされているために、アイデアを駆使したり、他には無いような発想を持って設計を行うことも良い手段になります。

現行としては床材にはフローリングを施工することが人気とされている部分がありますが、中にはフロア用のタイルなどを用いることによって、大きく雰囲気を変えることができ、一定の高級感が生まれることになります。

また、壁などの部分については、一般的なクロスを用いることも良いのですが、例えばコンクリートのままの状態にして、独特のイメージ作りを行ったり、漆喰や珪藻土を利用して、天然素材の良い部分を強調することも可能になります。多くの方がリビングに対して望むことの中には、十分な光を取り入れることも含まれています。

一般的には掃出し窓を設置することが行われていて、太陽光を取り入れることを目的としている方も多いのですが、夜間に関してはダウンライトなどを効果的に設置することによって、室内を演出することも可能になります。古い時代に建てられている一戸建て住宅の場合では、2階へと上がるための階段は、玄関の中のすぐ脇などに設置されていることが多い傾向にありましたが、現在の新しい注文住宅の場合では、敢えてリビングの中に階段を設置することも行われています。

この点に関しては諸説ありますが、玄関ホールを広く使用することができることと同時に室内空間を効果的に利用できることが多いために、用いられることがありますが、新しい階段の場合では、圧迫感の無い状態のタイプが取り付けられていることが多く、魅力的なデザインに仕上がっているものがメインとして利用されています。”